チャーリーとチョコレート工場

チャーリーとチョコレート工場

映画の予告編で一目惚れしてしまった、ティムバートンのチャーリーとチョコレート工場を見てきました。

基本的にネタバレは好きではないので、あらすじにはふれないけど、自分的には期待をう裏切らない、むしろ良い方向にすっ飛んだ映画でした。

いや、簡単にいうと「チョー面白かったっ!! :lol: 」。

映画を通してみせられる夢溢れるイメージ。奇妙奇天烈な世界観。表情豊かなキャラクター。ちょっと毒づいたシナリオ。そして、ご機嫌なサウンド&ダンス(!?)。
それをとっても、監督のセンスとこだわりが光ってて、無理なく完璧に近いファンタジー世界を作ってる。

最近のすれた映画やドラマが好きな方には、ちょっと煙たいところもあるかもしれませんが、ちょっとでもピュアな気持ちのある方、これから家庭を持つ方、小学生未満(別に以上でもいいけど)をお持ちの方、ぜひ観に行ってください。
全編のお菓子に胸焼けする以上に、何か得るものがあるかもしれません:wink: 。

ReBlog

Check

No TrackBack

トラックバックURL: http://www.gebsite.org/cgi-bin/mt41/mt-tb.cgi/131

Quick Access

アーカイブ

カテゴリ

GEBSITEの人気ページ
by hatena

この日記のはてなブックマーク数

お使いのブラウザはanalogです。